2019/12/13
Breaking News

悪質なブラック施設に要注意!

介護職は、高齢者や高齢者の家族に「ありがとう」と直接声をかけてもらえるやりがいのある仕事の一つですが、仕事に対して悩みを抱えている人は大勢います。

中でも特に、誤ってブラック施設に就職してしまった人の場合は、仕事自体にやりがいを感じても、企業の運営方法や方針についていけず辞めてしまうことも多いようです。

そこで今回は、注意しておきたいブラック施設の特徴について調べてみました。

まず、最も基本的なこととして、労働基準法を遵守していない施設はブラック施設と言えます。休日の日数や一日の労働時間、勤務中の休憩時間など、現場のスタッフが気が付かない内に労働基準法を破っている可能性があります。

また、人手不足を理由に残業を強いる施設や、正社員であることを良いことに残業代を支払わない、いわゆるサービス残業を強いる施設もすぐに辞めたほうが良いでしょう。

次に、現場の無資格の介護スタッフに対して、本来してはいけない違法な医療行為を強いる施設もあるそうなので注意が必要です。このような施設では有資格者がいないにも関わらず、医療サービスの提供も行えることを売りにしている可能性があります。

さらに、正社員登用を約束しているにも関わらず、ダラダラといつまでも正規雇用してくれない場所もあります。これは違法とは言えないかもしれませんが、うまく利用しているケースもあるため、動きがないようなら早めに辞めた方が良いかもしれません。

このようなブラック施設に就いてしまうと、いくら頑張ったとしても正当な評価がされないため、介護業界でのキャリアアップにも支障をきたします。自分が懸命に働いてきた実績を無駄にしないためにも、働く職場はしっかり見極めましょう。