2019/10/15
Breaking News

介護現場はコミュニケーションが大事!

人間関係の悩みはどのような仕事にも付き物ですが、特に介護業界の場合は、老若男女が働ける場であることから悩みが出てきやすい環境と言えるでしょう。

例えば、下は高校を卒業したばかりの未成年から、上は定年を超えた人までいます。また、施設や事業所の男女構成比は女性の方が多かったりしますが、男性の介護士も徐々に増え、性別による垣根もほとんどありません。

更に、介護をする対象の高齢者は90歳以上の人もいるような職場です。そのため、かなり離れた世代の人とコミュニケーションを取らなければならない機会が出てくるので人間関係の悩みは当然出てきます。

そんな中、介護業界で働く上で人間関係に困りたくないのなら、挨拶やマナーから気を使っていくことが大切です。挨拶は現場で重要な役割を果たします。
職員間で挨拶を交わす事で、コミュニケーションが図れますし、高齢者と挨拶をすれば高齢者の気分や体の調子も分かってきます。人と初めて会った時に、挨拶がしっかり出来るかどうかで相手に与える印象は大きく左右されます。介護業界で働くならとにかく挨拶には気を使っていくことが重要です。

挨拶の他には、身だしなみや言葉遣いなどのマナーも知っておくと、自分よりも年上の人とうまく人間関係を築いていけます。特に世代によって、礼儀や言葉遣いに厳しい人もいます。自分の感覚だけで接するのではなく、相手を思いやり、なるべく人に不快感を与えない立ち振る舞いをすることが重要です。

よりよい介護ケアをするためには、人との繋がり方を知ることが必要不可欠です。自分らしいケアを実践するためにも、現場での人間関係のポイントを頭に入れておきましょう。