2019/08/22
Breaking News

働く現場で人間関係を良好に保つには?

介護業界は離職率が高いと言われており、その退職理由として数多く耳にするのが、人間関係や職場の雰囲気です。そのため、介護職員としてキャリアアップを実現するためには、職場で良好な人間関係を築くことが大切なポイントだと言っても過言ではありません。

しかし一体どうすれば、介護の現場で良い人間関係を構築して、伸び伸びと働けるのでしょう。

まず、人間関係が良好な職場の特徴として挙げられるのが、職員同士のコミュニケーションが活発に取れていることです。出退勤時の挨拶はもちろんのこと、仕事内容についての確認や、作業を開始する時の声かけなど、ちょっとした瞬間のコミュニケーションが頻繁にとられています。

このような声かけは意思の疎通に役立つだけでなく、スタッフ同士の一体感や仲間意識を強めるものです。もし、黙々と作業をする機会が多い場合は、積極的にコミュニケーションを取ることが大切だと言えるでしょう。

また、介護の現場で人間関係が良い職場のもう1つのポイントは、一人ひとりの仕事を協力し合う体制が徹底されていることです。

人材が不足している職場では、一人あたりの仕事量がどうしても増えてしまいます。担当する役割によっては、他のスタッフよりもたくさん働く必要があるかもしれません。

そのような時、仕事が早く終わった職員が、業務に追われているスタッフをサポートすることが自然な形になっていれば、誰もが仕事を一人で抱えることなく、みんなで協力していけます。こうした「お互いさま」の心がけが浸透していれば、現場の雰囲気は良くなることは目に見えています。

このような協調性を作るような環境づくりも、職場の人間関係を良くする大切なポイントです。