2019/12/13
Breaking News

チームワークを向上させるポイント

介護の現場で良好な人間関係を築いていくためには、いくつかのポイントがあります。その中でも、特に重要なポイントだと言われているのが、チームワークを乱さないことです。

介護の仕事は基本的にチームプレイであり、訪問介護のように単身で仕事をしている場合でも例外ではありません。このため、チームワークを乱すような行動は控える必要がありますし、先輩後輩などの人間関係を意識しながら行動することが大切だとされています。

また、チームワークを乱さないという点でも重要なポイントが、「ホウ・レン・ソウ」です。これは、報告(ホウ)・連絡(レン)・相談(ソウ)のことで、上司はもちろん同僚や部下に対しても徹底する意識を持って仕事をすることが大切になります。

そうすることで自分勝手な判断で行動することが予防できますし、何よりもサービスを利用している人たちへの事故を未然に防ぐことにもつながります。中でも、まだ仕事に慣れていない人はもちろん、ある程度仕事に慣れてきた人でも自己判断をしないようにホウ・レン・ソウを徹底することが必要です。

そしてさらに重要なポイントとして、職場の介護方針に従うことが挙げられます。

どのような介護施設や事業所にも介護の方針が定められていて、職場それぞれにルールがあります。これに従って行動することによって共通意識を持って仕事ができるため、自然と円満なチームワーク築きやすいのです。逆に、介護方針に従わない行動をするスタッフがいる場合は、マネジメントする担当の人材がきちんと見て、話しをして場を整えていくことが重要です。

そうした細かい部分をみんなで守っていくことで、スタッフ側が働きやすく、利用者さんが居心地の良い現場が完成するのです。